医療法人社団 参英会 岩佐耳鼻咽喉科

お問い合わせ03-4455-7741

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)とは

頭蓋骨

鼻の周辺には副鼻腔炎とよばれるたくさんの空洞があり、 上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞に分けられます。洞の奥の方は脳や眼に隣接していると共に、それぞれの洞は鼻腔と連絡しています。洞内は極く小さな毛(せん毛)の生えた粘膜で被われ、分泌物などをせん毛の運動により鼻腔へ排出しています。

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)とは、副鼻腔の中の粘膜に慢性的な炎症を起こしている状態をいいます。 一般にはかぜウイルスや細菌の感染を繰り返すことによって慢性化することが多く、また、アレルギー性鼻炎からの移行もみられます。また体質や生活環境なども大きな影響を持っています。

慢性副鼻腔炎の症状

副鼻腔の炎症が慢性化すると粘膜が厚くなって、鼻腔への出口を塞ぐことになり、洞内で分泌される粘液、膿(うみ)などが副鼻腔炎の中に溜ってきます。また、炎症が続くことにより、肥厚した粘膜の一部が成長してフヨブヨした塊りとなって鼻腔の中に顔を出し、鼻腔を塞いでしまいます。これが鼻茸(ポリープ)と言われるものです。

慢性副鼻腔炎の症状は、鼻がつまる、嗅いがしない、粘り気のある黄色い鼻汁が出る、あるいは鼻汁がのどの方に流れるなどが一般的ですが、頭が重い、集中力がないなどの症状を訴えることもあります。さらに鼻腔や副鼻腔の炎症が中耳にまで波及して中耳炎を起したり、またのどへ下がる鼻汁のために慢性咽喉頭炎慢性気管支炎を起こし、長く続くせきの原因になることもあります。

慢性副鼻腔炎の治療

まず、鼻腔の内部の粘膜の腫れ、鼻汁、鼻茸などの状態を観察し、レントゲン写真やCTで副鼻腔の状態を確認し診断します。

慢性副鼻腔炎の治療は、数回の外来治療で完全に治すことはなかなか難しく、治療期間はある程度長くなります。日頃の治療は薬の内服や鼻処置、ネブライザーが行われます。膿性分泌物の多い時には、上顎洞に針をさして洞内を洗い、薬液を注入する場合があります。最近では、マクロライドという抗生物質を少量、長期に服用することにより症状をコントロールすることができるようになりました。

症状や洞の粘膜の変化が高度な場合には手術が必要となります。

また、鼻茸が出来ている場合も手術が必要です。内視鏡を用いて、ポリープを切除し、鼻腔と副鼻腔をつなぐ空気の通り道を広げ、副鼻腔の病的粘膜を可能な限り鉗子で切除します。鼻づまりを除く目的で、鼻中隔(鼻腔を左右に区切っている中隔)の弯曲を矯正したり、鼻茸だけを切除する方法や、肥厚した下甲介粘の切除を一緒に行う場合もあります。

小児副鼻腔炎について

子供の慢性副鼻腔炎は成長発育期に起って来るために、成人の場合とは多少異り、副鼻腔炎の状態は、副鼻腔の成長の程度や、周囲のアデノイド、扁桃などの慢性炎症の影響を受けやすく、また体質(免疫能、アレルギー体質等)などの全身的背景も大きな影響を与えます。小児副鼻腔炎は成長につれ自然に治っていく傾向もありますが、病気が治らないまま、成人型の慢性副鼻腔炎に移行してしまうこともあります。小児副鼻腔炎は早期発見、早期治療により成人型慢性副鼻腔炎への移行を阻止する必要があります。

小児副鼻腔炎の症状

子供の場合には鼻づまりと鼻汁が主な症状です。鼻づまりによる口呼吸、いびき、鼻声、鼻汁がのどへ流れ落ちるために行う咳ばらい、頭痛、注意力や記憶力の低下、疲れやすいなどの子供の様子から家族の方が気づくことが多いのです。

小児副鼻腔炎の治療

治療は、顔面骨が成長発育中なので鼻の手術は原則として行いません。しかし、アデノイド増殖症慢性扁桃炎が鼻に影響を及ばしていると考えられる場合は、これらの手術を行うことになります。

術後性頬部嚢腫

上顎洞手術後数年から10数年を経て上顎洞内に袋(嚢胞)が発生し、頬部の腫脹や疼痛を起こして来る場合があります。これを術後性頬部嚢腫と言います。

術後性頬部嚢腫の症状

発生する嚢胞は1つのことも2つ以上のこともありますが、この嚢胞に感染が起こった場合に症状が現れて来ることが多く、頬部の痛みと腫れとして始まり、さらに大きくなると、歯痛、涙が流れる、視力低下、複視、眼球突出など眼に関する症状も現れてきます。CT検査を行えば診断がつきます。

術後性頬部嚢腫の治療

治療は、急性症状に対しては、頬部粘膜(犬歯高)より針を刺して排膿を行い、鎮痛剤、抗生剤の投与によって症状を和げることができますが、根本的には内視鏡を用いて鼻腔と嚢胞との間の閉鎖部分を開放し排泄路をつくる手術が必要になります。

歯性上顎洞炎

上あごの歯根と上顎洞の底部は接近しているので、虫歯とか歯根の炎症が歯根部から上顎洞に波及して上顎洞炎を起こすことがあります。放置しておくと、歯根と上顎洞との間に穴(痩孔)があき、痩孔から膿が出てくることになります。片側だけの場合が多く、頬部の痛み、歯痛、悪臭のある鼻汁が特徴的で、X線写真やCTスキャンで診断がつけられます。

歯性上顎洞炎の治療

耳鼻咽喉科で上顎洞の手術を行い、□腔外科、歯科で歯根部の治療をすることになります。

クリニックへのアクセス

経路地図:クリックすると「経路のご案内」ページへ移動します
アイコン:都営地下鉄都営地下鉄
浅草線 宝町駅 A7・A6番出口
アイコン:東京メトロ東京メトロ
銀座線 京橋駅 4番出口
有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口
日比谷線 八丁堀駅 A3番出口
アイコン:JR東日本JR東日本
各線東京駅 八重洲南口

待合状況

待合室の電光板に表示している整理券番号をWeb上から確認できます。

≫最終整理券番号を確認